Home » スポーツ科学フィールド研究最前線

スポーツ科学フィールド研究最前線 

optwitty_seminar

イタリアの先進的スポーツ科学と電子光学テクノロジーから生まれたOptoJumpNextは、その発売以来、一歩毎のストライド特性をリアルタイムで分析可能な機器としてイタリアスポーツ科学研究所、フランス国立スポーツ科学研究所、アメリカオリンピックトレーニングセンター、英国スポーツ科学協会、国立スポーツ科学センター(JISS)をはじめとした世界各国の研究所や大学の研究機関と様々なスポーツ種目におけるトップアスリートのトレーニング現場で次々と導入され広く使用されています。

また一昨年発売されたWITTYは、低価格高機能光電管タイム計測システムとしてトッププロチームから学校体育現場に至るまで幅広く採用され、単なるタイム計測機器に留まることなく、スポーツ科学をフィールドで活かすための便利な機能が次々と追加されています。今回、その開発責任者を招いて、世界の動向と今回新たに加わった機能とアイテムについて実際に各種の計測を行いながら詳しく紹介するスポーツサイエンス特別セミナーを実施致します。

gyko OptoJumpNextに追加された新機能とアイテム新商品GYKOを本邦初公開します。三軸加速度計・ジャイロ・地軸計を組み合わせ、OptoJumpNextの下肢運動にエクセントリック・コンセントリック局面の区別や下肢運動と連動した上半身の運動機能が分析可能となります。単体として速度と円滑性を同時評価可能な動的ROMの測定や筋プロファイルも作成可能です。
 昨年の小型LED電光掲示場の登場に引き続きWITTYファミリーに新しい仲間が加わりました。WITTY RFIDはリストバンドに登録した個人識別タグを読み込ませるだけで個々の選手の記録を自動管理。WITTY SEMはより実際のパフォーマンスに近い視覚反応による選択アジリティテストを可能にします。従来あったような色による識別だけではなく矢印、数字、アルファベットに対する識別選択反応の動作速度を計測することが可能です。 WITTYRFID
federicogori 【講師】
イタリアMicroGate社 マネージングディレクター・プロダクトスペシャリスト
Federico Gori(フェデリコ・ゴリ)氏
イベント概要
【イベント名】スポーツ科学フィールド研究最前線
【講師】Federico Gori(フェデリコ・ゴリ)氏
※イタリアMicroGate社 マネージングディレクター・プロダクトスペシャリスト
【参加費】
一般:2,000円/IPAS会員:1,000円
【日程】2015年4月25日(土) 14:30~17:30
【会場】駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場併設会議室
【定員】50名
【応募〆切】2015年4月23日(木)まで
(※定員に達し次第締切となります)
以下の申込みフォームに必要事項を記入しご応募ください。
お名前(漢字) 必須項目
お名前(カナ) 必須項目
ご住所 必須項目
電話番号 必須項目 (半角英数字)
メールアドレス 必須項目 (半角英数字) ※申込み完了等のご案内メールをお送りしますので、迷惑メール拒否設定/指定受信設定をされている方はまず当サイトのドメイン(ipas.or.jp)またはアドレス(contact@ipas.or.jp)を受け取れるようにしてください。
IPAS会員番号 (半角英数字)
※IPAS会員様は、会員番号をお知らせください。セミナー参加費が無料になります。
ページトップへ戻る
Copyright(c) 2020 IPAS All Rights Reserved.